上映中作品

★2017/04/18 イベントに4/29(土)・30(日)特集上映「東海テレビドキュメンタリーの世界」トーク付上映を追加しました! 『人生フルーツ』『神宮希林』『青空どろぼう』は予約優先となります。
★2017/04/18 イベントに4/29(土)~特集上映「東海テレビドキュメンタリーの世界」を追加しました!
★2017/04/18 イベントに4/29(土)谷口未央監督応援企画「『彦とベガ』チャリティー上映会を追加しました!
★2017/04/18 イベントに4/28(金)ガーデンズシネマ 7周年記念祭 「限定39席画、いっしょに映画(ゆめ)を楽しむ会」を追加しました!
★2017/04/18 イベントに4/22(土)『フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク』トーク付上映を追加しました!
★2017/04/04 【前売券ご案内】5/6(土)『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』1800円発売中!  
※当日一律2200円(割引対象外)のため前売券がお得です。

★2017/04/04 5,6,7月の上映予定作品を追加しました
★2016/05/07  ガーデンズシネマ本『39席の映画館 いつもみんなで映画(ゆめ)をみて』絶賛発売中!
★2015/10/16【お知らせ】誠に恐れ入りますが、ただ今工事中のためリクエスト掲示板閉じております。
リクエストは随時受け付けておりますので、ご希望の作品がございましたら劇場までお知らせください。
★2015/08/16 【お詫びとお願い】ただ今、HP上の「お問い合わせmail」からのメールを受信できておりません。 すでに送ってくださったみなさま、お返事ができておらず失礼いたしました。 誠に恐れ入りますが、お問い合わせの際はお電話099-222-8746またはメールアドレスinfo@kagocine.netまでお願いいたします。

↓↓ガーデンズシネマ部 書籍公式サイト へリンクします♪


シネマイーラさま(静岡) / シネマ5さま(大分) / Denkikanさま(熊本)
宮崎キネマ館さま(宮崎) / シアター・シエマさま(佐賀) / 小倉昭和館さま(福岡)
京都みなみ会館さま(京都) / 横浜シネマリンさま(神奈川) / キネカ大森さま(東京)
ユーロスペースさま(東京)
  

上映中作品

ホームレス ニューヨークと寝た男
 Homme Less

4/15(土)~21(金) 【1週間限定】

監督・脚本・撮影:トーマス・ヴィルテンゾーン

出演:マーク・レイ

2014年/オーストリア・アメリカ/1時間23分

■公式サイト  ■上映スケジュール

マーク・レイ。モデル兼ファッション・フォトグラファー、188センチの鍛え抜かれた体でデザイナーズスーツを着こなすロマンスグレーのナイスミドル。 ニューヨークを自由にかっ歩する姿は実に魅力的でほれぼれとする。 だが彼には家がない。どう見ても人生の勝ち組なのに、廃ビルの屋上で寝泊まりしている。 ホテル暮らしではない。屋根のついたねぐらがないのだ。 最初は”マジ?”と思う。でもマークを見ているうちに、その暮らしもアリか!なんて考え始めるからある意味すごい影響力。 家無しにはなれないけど、自分に必要なものをシビアに見極める生き方にハッとさせられた。

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク
 Everybody Street

4/15(土)~21(金) 【1週間限定】

監督・製作:シェリル・ダン

出演:ブギー、マーサ・クーパー、ブルース・デビッドソン

2013年/アメリカ/1時間23分

■公式サイト  ■上映スケジュール

世界中から最先端のカルチャーが集まる街、ニューヨーク。 様々なアクセントの言語が飛び交い、文化が混交する舞台で、新旧の写真家たちは何を見つめているのか? これは、真実と希望の詰まった一瞬を追い求めて、日夜街をさまよう15人の写真家たちの現在進行形のドキュメンタリー。 行ったことはなくても、この街の持つ、自由で、何でも受け入れてくれそうな懐の深さに思わず気分がアガります。 世界の縮図の街への旅。さあ、ニューヨークへようこそ!

 ルキーノ・ヴィスコンティ -イタリア・ネオレアリズモの軌跡-

郵便配達は二度ベルを鳴らす デジタル修復版
 Ossessione

4/22(土)~28(金) 【1週間限定】

監督・脚本:ルキーノ・ヴィスコンティ

出演:マッシモ・ジロッティ、クララ・カラマーイ、ジュアン・デ・ランダ

1942年/イタリア/2時間06分

■公式サイト  ■上映スケジュール

言わずと知れたヴィスコンティの処女作であり、ネオレアリズモの先駆的作品とされる名作。 アメリカ人作家ジェームズ・M.ケインの小説をもとにしながら、作家の許可を得ていなかったためイタリアでの公開後数日で上映禁止という憂き目にあっている。 アメリカでも1946年にジョン・ガーフィールドとラナ・ターナー、1981年にはジャック・ニコルソンとジェシカ・ラングで映画化され、こちらも名作の誉れ高い。 郵便配達なんて出てもこないのに、なんでこんなタイトルなんだろう…。ううむ。

うさぎ追いし 山極勝三郎物語

4/15(土)~28(金)

監督:近藤明男

出演:遠藤憲一、水野真紀、豊原功補、岡部尚、高橋惠子

2016年/日本/1時間51分

■公式サイト  ■上映スケジュール

江戸から明治への転換期。 上田藩の下級武士の家系に生まれ育った山本勝三郎は、上京し東京帝国大学の医科に入学。 猛勉強を続け、数年後教授に昇進した。 結核という病を患いながらも勝三郎がすべてを尽くした研究は「癌刺激説」の証明。 「癌を作ることができれば、癌は治せる」という信念のもと、 うさぎの耳にあらゆる手段で刺激を加え続け、人工癌を作り出そうとするものだ。 悪戦苦闘しながら研究に没頭してゆく勝三郎。果たして成功を遂げることが出来るのか…。 遠憲さん!うさちゃん!