★イベントのご案内★ ご予約・お問い合わせ ◎TEL/FAX 099-222-8746 ◎mail:info@kagocine.net
日時/場所イベント名内容/ゲスト料金・定員
その他

3/25(日)
19:30~
21:30
プロント
マルヤガーデンズ1F
語る会
映画「この世界の片隅に」
軽食をとりながら語る会 Part2

軽食を取りながら、映画「この世界の片隅に」について
語り合いましょう。
前回参加できなかった方、また2回目の方も大歓迎です!
進行:梶原末廣さん(かごしま朗読Cafe)
フェイスブックもどうぞ!
映画は別途料金 3/25は16:55~19:15
参加費:
各自飲食代

定員:12名
 要予約
3/12(日)
14:00~
16:00
ガーデン0
マルヤガーデンズBF
スイーツ講座
『ショコラ 君がいて、僕がいる』公開記念
「幸せのガトーショコラをあなたと」
一緒に幸せのガトーショコラを作りましょう♪
調理後は試食しながら映画をご紹介、
チラシや映画鑑賞割引券のプレゼントもあります!
講師:西垂水明さん(ガーデンズシネマ部)
※エプロン、三角巾、お持ち帰り用容器をご持参ください。

『ショコラ 君がいて、僕がいる3/25(土)~4/7(金)
参加費:
1500円

定員:16名
 要予約
3/5(日)
12:55の回
ガーデンズシネマ
トーク付上映
『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
トーク付上映

ヨーロッパでも1,2位の格式を持つ、ウィーン美術史美術館。
ハプスブルク家代々の収集遺産など数々の美術品などについて、
上映前と後にお話しいただきます。
お話:阪本佳代さん(鹿児島純心女子中高等学校教諭)

参加費:
通常映画料金

定員:39名
 予約優先




上映作品券 種特典・その他
3/18(土)~
こころに剣士を
一般: 1,500円
3/25(土)~
ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち
一般: 1,400円 前売特典 チェコ直輸入 ニコラス・ウィントン記念切手付!
3/25(土)~
ショコラ
君がいて、僕がいる
一般: 1,500円
4/1(土)~
ちょき
一般: 1,300円
4/1(土)~
ミルピエ
~パリ・オペラ座に愛された男~
一般: 1,500円 前売特典 ポストカードセット付!
4/2(日)・3(月)
GARAGE ROCKIN' CRAZE
一般: 1,300円 前売特典 オリジナルステッカー付!
4/8(土)~
ホライズン
一般: 1,500円
4/8(土)~
あたらしい野生の地
リワイルディング
一般: 1,500円 前売特典 ポストカード付!
ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
―イタリア・ネオリアリズモの軌跡―

4/8(土)~
若者のすべて デジタル完全修復版
4/15(土)~
揺れる大地 デジタル修復版
4/22(土)~
郵便配達は二度ベルを鳴らす デジタル修復版
単券: 1,500円
(いずれか1作品ご覧になれます)
3枚セット券: 3,900円
(3作品ご覧になれます)
前売特典 ポストカード付!
4/15(土)~
Tomorrow
パーマネントライフを探して
一般: 1,500円 前売特典 木製バッジ付!
4/22(土)~
ホームレス
ニューヨークと寝た男
一般: 1,500円 前売特典 クリアファイル付!
4/22(土)~
フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク
一般: 1,500円
4/29(土)~
ユーリー・ノルシュテン監督特集上映
「アニメーションの神様、その美しき世界」
一般: 1,300円
4/29(土)~
家族の肖像
デジタル完全修復版
一般: 1,500円
4/29(土)~
人生フルーツ
一般: 1,300円 前売特典 オリジナルポストカード付!
5/6(土)~
海は燃えている
一般: 1,500円
5/13(土)~
しゃぼん玉
一般: 1,500円 前売特典 オリジナルポストカード付!
取扱店:ガーデンズシネマ/山形屋プレイガイド/コープかごしま/他 (詳しくは劇場へお問い合わせください)
■前売チケットのご予約できます!公開日前日までに劇場へお電話またはメールでお申し込みください。
  (一部の作品及び完売の場合、お受けできないこともございます。ご容赦ください)
■前売特典は数量限定でございます。
■受付にて整理券とお引替えください。




 ただいま それぞれの居場所 上映アンケート集計結果


今回の「ただいま それぞれの居場所」にご協力、ご鑑賞いただいた皆様ありがとうございました。
観客数260名、同時に実施しましたアンケートへも54名の方にお答えいただきました。
印象的な感想とアンケート分析を少し・・

-----------------------------------------------------------------------------------------

*男性 18名  女性 36名
*20代 5名 /30代 3名 /40代 11名 /50代 18名 /60代 15名 /70代 1名 /80代 1名

(80代女性)
 一人一人の認知症の方をそのまま認めてやれることは大切だが、現実は厳しい。予防を大切にしたい。

(60代男性)(施設)
 スタッフの皆さんが、制度をのりこえて、頑張っていてよかった。

(60代女性)
 介護保険の現場に不満を持っている若者がいることに驚きました。
 気持ちで行き届いた介護ができるものなのですね。

(同上)
 素朴さの中に、とっても人の心のぬくもりを感じました。
 まさに人は支えあって生きているのだということを教えられました。

(50代男性)
 子供が今介護職なので、職業について考えることが出来た。

(40代男性)
 一人一人に合わせた介護が理想だが、現状(施設)スタッフが、雑務に追われすぎ。
 解決の方法はないのか?

(30代女性)
 特に前半は涙を抑えられず、観ているのがつらかった。
 しかし後半は働いている方々の強さ、家族の強さに現実はつらくキビしいだけではないと感じました。

(20代女性)
 介護職をしていますが・・自分のことのように映画を観て感動しました。
 理想と現実ありますが、利用者のためを一番に考えて介護させていただきたいです。
 ありがとう。

-----------------------------------------------------------------------------------------
以上ほんとに紹介しきれない声がいっぱい寄せられました。
遠くは熊本から(この映画が観たかったと)駆けつけた方、また現在休職中だった 方がまた介護の仕事に復帰しようと決意された内容等、とてもこの映画を上映発案したものとして、感謝してもしきれません。
最後に大宮監督の次作は、ほぼ全員の方が上映して欲しいとの結果でした。

支配人宜しくです。(お願い!!)